2011年08月27日

薄められた毒

ここのところ体調がよく、また心療内科で原因が分かったのもあり、かなり楽でした。

しかし、昨日、その発作を起こした根底の原因となっている人から、「どんだけ…なん?」というようなメールが来ました。その瞬間、「誰のせいでこうなったんと思っとんじゃ!!」という思いが溢れ、かなりやわらかくしたが、書き返しました。

いままでは、そこで言い返しても何も生産的なことにはならないので、いつもいつもいつも我慢していました。
でも、今回はもう自分がもたないので、書き返しました。

それから、軽い発作が続いています。
今日は、ほぼ半日以上苦しいです。

はっきり言って、僕は、この2年10ヶ月、本人のことを心配し、それでも納得しているのならと、どんなに店や周りの人をおかしくされてもと我慢していました。

実は、これがず〜〜〜〜っとストレスになっていたみたいで、今回の発作の引き金になりました。
例えるなら、薄められた毒を少しずつ分からないように飲まされ続けていたわけです。
そして、その毒が体の許容量を越えたのが、今回の発作です。

もちろん、他の問題で大きなストレスをためたりしたこともありますが、そのレベルになるとはっきりと自覚しているので、心の対処ができます。

今回は、ず〜〜〜っと、じわりじわり溜め込んでいたわけです。
そこに来た、残念なメールでせっかくよくなっていたのに、完全に悪くなりました。

それにしても、この問題。いろんな悪いことを想定していて、ことごとくそれが起きていました。
しかし、想定外な事が起きました。
それが、今回の僕自身の精神が壊されたということです。

たった1匹の、自分とは間接的な接点しかない女に、ここまでやられるとは。
友達のためだからと気を遣わずに、さっさとつぶしとけばよかった。

と、ブログに書くようなことじゃないけれど、書いてみました。



posted by 向井謙彰 at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。