2010年11月22日

いい夫婦の日に思う2010

今日11月22日は、いい夫婦の日です。

毎年、このいい夫婦の日には、自分なりのいい夫婦の秘訣みたいなことを書いていますが、今年も書きます。

いい夫婦の秘訣ですが、やはり夫婦力が必要だと思います。
夫婦力とは何かと考えると、僕は、適切な思いやりだと思います。

この適切なというのがポイントです。
例えば、やさしいことばかりを言っていたら相手をだめにしたりもします。

この辺は、非常に難しいところなんですが、少なくとも夫婦円満の秘訣みたいなことを知っていると知らないのでは大きな違いがあるのは確かです。

当事務所も、夫婦円満アドバイスの分野をまもなく立ち上げます。
そういった人のアドバイスを聞くのも「いい夫婦」への足がかりのひとつになります。

いちばん軽い気持ちで手っ取り早いのは、そのことが書かれている本を読むことです。
僕の知識も本から得た知識はかなりあります。もちろん、実際の業務の中で得た知識もたくさんあります。

最近、「夫婦力検定」というクイズ形式の本を読みました。
この本、手軽に読めてかなり楽しかったです。
こういった本から入っていけば、本が苦手な方でも学ぶことができると思います。

以下に夫婦力検定を紹介しておきます。

ということで、今年のいい夫婦の秘訣は、「夫婦力を高めましょう!!」ということでした。

阿古とを

posted by 向井謙彰 at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月21日

バクマン

今、土曜日の夕方にNHK教育でバクマンというアニメをやっています。
これが面白い!!だってヒカルの碁やデスノートの作者達ですから。

この作者の漫画、一度読み損ねたら、途中からジャンプで読むというのは、けっこう厳しいものがあります。
デスノートなんか、第7話位を、友達から「面白いから読んでみろ!!」と薦められて読んだら、ほんとに面白いが、すでに意味が分からんということで、絶対にアニメかドラマ化されるだろうと待っていたら、案の定アニメ化されたので見ました。

このバクマンもまさに同じです。
で、やっぱり僕個人としてのバクマンの面白さとしては、主人公の2人の気持ちがすごいよく分かる、共感できるというところです。
いろんな事業をやっている身としては、すごい共感できるんですよ。

正直、アニメにもかかわらず「あの2人には負けん」と思ってしまいます。
15年位前に、主人公の心の中をかなり描写して話題になった「エヴァンゲリオン」がありますが、バクマンは、未だに夢を追いかけている僕としてエヴァよりはるかに上です。

このアニメは、うまいこと編集すれば、中学の道徳系の授業で使えると僕は思います。

ということで、バクマンは面白いのでぜひ見てください。
http://kimamaniyoutube.blog78.fc2.com/blog-entry-53.html

この記事を女性が読むと「なんか幼稚だな」と思ってしまうかもしれませんが、男性は基本的に何歳になっても子供なところがあります。
そういうところを「なに、あなたバカじゃない、幼稚ね。そんなもんを見る暇があるならうんたらかんたら…」と否定せず認めることも、妻側ができる夫婦円満の秘訣ですよ。

posted by 向井謙彰 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月14日

職業的聞き間違い

昨日夜に、知人の会費制結婚パーティーがあったので、参加しました。
当時のアルバイト先の懐かしい面々がいて、とても楽しい時間をすごせました。

で、せっかく岡山まで出るのだから、夕方早々に事務所を撤収して岡山まで電車で行きました。そして、パーティーまで時間があったので岡山をぶらぶらしていました。

その途中、商店街の中にあるドラッグストアーから流れる音声で「違約金」という言葉が聞こえました。

僕は「きっと一定期間使用する化粧品かなにかで、特別に安い代わりに、ある一定期間購入し続けないと違約金が発生するんだな。」と思いました。

でも、よく聞くと違いました。

「違約金」じゃなく「医薬品」の聞き間違いでした。
最近、違約金の設定をした書面を作ったばかりだからな。
これはまさに、職業的聞き間違いになるのかな?

posted by 向井謙彰 at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月11日

あれに乗りたい

先週末に、徳島県で登山三昧をしてきました。101106_125703.jpg

どこどこ登ってきたかというと、毎年恒例の剣山、200名山のひとつ三嶺、そして丸笹山です。
三嶺はほんとに景色のいい山です。

三嶺だけを登山したのは、今回初めてでした。
以前、剣山から17キロの縦走路で縦走したことがありました。
あれは、さすがに疲れた。101106_054414.jpg

で、四国へは宇野からフェリーで渡るのですが、その宇野港にこれが停まっていました。
そうです、豪華客船「飛鳥」です。

大きさだけなら、舞鶴から小樽まで行く北海道行きのフェリーとほぼ同じという印象を受けましたが、中はさぞかし豪華なんだろうな。
いずれあれに乗りたい。

posted by 向井謙彰 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月01日

今年もこれが終わった

ここのところ、岡山県南としては非常に珍しく、ここ10日ほどまともに晴れていませんでしたが。今日は、やっとまともに晴れました。

でも、アジアな季節の決算確認修正会議で、青空の時間はほぼ建物の中。
数字が合わないところを修正して、今やっと終わりました。

ほんと、たった一つの科目のエラーを探すために1時間とか普通にかかるんですよ、この作業。
でも、今年もこの作業がおわりほっとしています。

あとは、税理士に決算書類を作成してもらうだけです。
ヤッホー。

ちなみに、会計入力は、税理士の仕事と思っている人が多数いますが、行政書士もできるんですよ。
まあ、それをしている行政書士はほとんどいないでしょうが…

posted by 向井謙彰 at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月30日

エベレスト

ちょっと前にエベレスト単独無酸素登山に挑戦するみたいなテレビ番組をやっていました。
それを録画していたのを見ました。

やはり、すさまじい世界ですね。
結局、その人は今回は登れなかったのですが、近いうちに単独無酸素エベレスト登山に成功するでしょう。

ああいうのを見ると、自分の登山レベルは所詮趣味レベルというのがよく分かる。
この間、剣岳に登ってきたのも遊びみたいにしか思えない。
僕は、2800mを越えると空気の薄さを身をもって実感しますが、そんなんじゃ7500m以上のデスゾーンって行くだけで即死しそうです。

でも、飛行機の窓から下を見て、3000mを馬鹿にする人がいますが、あれは気圧も気温も紫外線も調節された世界です。3000mは空気が薄いというのをよく分かる表現としては、目薬を下に向けたら、流れ出ます。そんな世界は飛行機で見ているだけの人には想像もつかないでしょう。

僕の目標は5895mのキリマンジャロ山です。その山頂で下界の2分の1の気圧です。
エベレストは、さらに3000mも高い。ほんとにすごい世界だというのは、あの番組を見てるだけでも想像できます。

ということで、ちょっと刺激されたので、来年は、国内の一般コースでは、一番難しいともいわれる西穂高−奥穂高の縦走をしようかと計画中です。今年、救助のためのヘリが墜落したジャンダルムとかがあるコースです。
槍ヶ岳−奥穂高岳を1日で縦走したのもけっこう大変だったからな。さてどうなるものやら…

と、エベレスト登山の番組でちょっと感動したので、登山について書いてみました。

posted by 向井謙彰 at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月17日

マジで死人が出るかもと思った昨年と違って

今年も、児島武道館柔道部の大山登山に行きました。

昨年は、山頂付近で天気が急変。ミゾレ交じりの暴風雨で、途中で大体数の人は下山させたのですが、先に登った親が合羽を持たせずにびしょびしょになった子供達を無事に下山させないといけないとても過酷な登山になりました。
http://mukyajimblog.seesaa.net/archives/20091101-1.html

今年はというと、風もなく天気もよく、非常に楽な登山になりました。
だから、何回もこの大山登山に参加している高校生に先頭を任せて、自分は適当なところで子供だけで登っている集団について、ゆっくり登っていました。
だから、昨年と違って、楽な大山登山になり楽しめました。

ただ、人がすごいいたことと、ちょうど山頂にいた2時間くらいだけ雲がかかり、景色は見えなくはないっていう感じでしたのが残念でした。

来年は、どうなるかな?

posted by 向井謙彰 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。