2009年07月05日

能登半島の形が見たい!!

今日、「剣岳点の記」という映画を見てきました。
自然の厳しさがよく表現されていました。

なぜ、この映画を見たかというと、毎年9月に取っている夏休みに、今年は剣岳に登ろうと計画していました。
そしたら、この映画です。だから見ました。

剣岳は、100名山の中でも技術的には一番難しいと言われる上級者の山です。
ですが、この映画の影響で初・中級者の登山者数が増えるのは間違いないでしょう。
したがって、今年は例年より死者の数が増えると思います。

で、なぜそんな山に登りたいかというと、そこそこ空気が澄んで晴れたら、富山湾から能登半島が見えるからです。
あのでかい能登半島が一望できるんです。
ちなみに、2年前に、能登半島が見たくて白山に登ったことがありましたが、山小屋に泊まって粘りましたが、ガスガスでなんも見えませんでした。

とにかく、能登半島が見たい!!

あとは、やはり、腕試しですね。
剣岳は槍穂縦走の大キレットと同レベルですが、危険箇所の距離が短いので、大キレットよりワンランク楽みたいです。
槍穂縦走の場合は、その後、まだ涸沢岳があるから槍穂縦走をしている人なら難なく剣岳は登れるでしょう。

でもまあ、油断せずに気を引き締めて登りたいと思います。
でないと、死ぬかもしれないんで…
なんか、もう、登る気満々になってます。

posted by 向井謙彰 at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月04日

夏らしさ

今日は、約6日ぶりに「晴れた」って感じです。
でも、気温自体はそんなに暑くはありません。

で、今日、事務所に向かっていっている途中の野崎家旧宅からニイニイゼミの鳴声が聞こえてきました。
僕が聞いた今年初のせみの鳴声です。いつもは6月末くらいには聞こえるんですが、今年は若干遅かったです。

う〜む、やはりせみが鳴くと夏らしい。

posted by 向井謙彰 at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月02日

裁判員制度とスマイルと足利事件

4月からのドラマで「スマイル」っていうのがあったのですが、かなり面白かったです。

このドラマ主人公は、自分は悪くないのに4回事件に巻き込まれ、3回冤罪裁判に臨んで無罪を勝ち取るというものですが、最終から2話は裁判員制度もからんできました。

おそらく、始まったばかりの裁判員制度をかぶせた狙いもあったと思います。
で、そのちょっと前には足利事件の冤罪無罪が確定した時期も重なりました。

で、このドラマを見ていると、実際に、警察や検察は犯人を逮捕して裁くのではなく、とりあえず犯人という者を捕まえたならば、なにがなんでも犯人にしなければならないという現実があるのをもっとみんなに分かってもらいたいと思いました。

ドラマの中の検察官はとりあえず最後は自分の非を認めて立派だったのですが、現実そんな検察官なんていませんよ。検察官を辞めて、弁護士をやっているのなんかは通称「ヤメ検」なんて言われ、偉そげ指数300%です。

警察も一緒です。基本、市民のために奉仕している公務員とはとても思えません。
実際、風営法関連の手続に行ったときの岡山東警察署の生活安全課の窓口にいたチビデブ(僕は、見た目の悪口は基本的に言わないけど、あいつはそれに値する)おやじの態度にはびっくりしたことがあります。

もし、手続がなければ、録音して、内容証明で所長宛にクレームをいれ、謝罪とj改善案を書面で提示させます。
無視したら、監察へ。それも無視したら警察庁長官にだって入れてやるくらいのひどい態度でした。
組織的にそんなんだから、取調べもまともなわけがありません。

なんで、スマイルは、かなりリアルなドラマですよ。
あの、クズ刑事とか。

足利事件も、警察のコメントはひどいもんです。
所詮警察なんてそんなもんです。

みなさんも、警察や検察というものにもうすこし興味を持ってみましょう。
そうそう、手っ取り早く警察官になるにはどうすればいいか分かりますか?

答えは、コネです。
すいません、少し熱くなりました。

とりあえず、たまたまなんですが、この3つが同時期に絡んだので書いてみました。

posted by 向井謙彰 at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月22日

岡山は遠い!!

今日は、岡山まで行きました。
歩いて。

前から、ウォーキングで児島から岡山まで行きたいと思っていて、そして今日ついに実現しました。

今日も、午前中は仕事を休みですがしていました。
で、ブランチを食べ、軽く昼寝をして、13:45分に出発しました。
岡山駅西口のアジアな季節岡山西口店に着いたのは、18:45分でした。

万歩計は36000歩を示していました。だいたい30キロくらいですね。

で、シャワーを借り、カウンターでビールを飲みます。
湿度がすごかって、Tシャツとかしぼれるくらい汗をかいたおかげで、さいっこうにおいしかったです。

帰りは、もちろん電車です。

それにしても、今日は、ほんとに充実した休日を過ごせました。

posted by 向井謙彰 at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月20日

ものすごくおいしい日本酒

昨日、ものすごくおいしい日本酒を飲みました。

夢で…
でも、夢の中で純米大吟醸などと、そのものすごくおいしい日本酒を飲み比べしているんですよ。
もちろん、勝負にならない。

こんな日本酒がこの世に存在していたのか!!と感動しました。
で、朝、目が覚めても、そのうまさの余韻と幸せの感覚が残っているんですよ。夢で実際に飲んでいないのに。

それにしても、われながら経営者感覚はいやらしい。
夢の中で、そのあまりのおいしさゆえになんとか独占販売できないかなんてことを計画していたんですよ。

posted by 向井謙彰 at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月18日

哲学の道

久々に書くダイエット日記です。

年末年始を経た2月頭には、体重61キロまで戻ってしまいました。
ですが、今は、58.5まで再び落としました。

とくに最近は中距離(6〜12キロ)のウォーキングをよくしています。
最近は、各種案件を次はどのように処理していこうかとか、通知書はどう書こうか、というようなことをウォーキングをしながら考えています。
それぐらいどれも難しいです。

京都に哲学の道という、西田幾太郎が歩きながら思索をしていたという観光名所があるのですが、やってることは西田幾太郎とよく似ています。

まあ、とにかく8月までにあと1.5キロは最低落とします。
ちなみに、体脂肪計は壊れました。
妹が別のをもっているので、またたまには計らせてもらおうとは思っています。

posted by 向井謙彰 at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月12日

クーラーと扇風機

今週はけっこう面談があったおかげか、ついにうちの事務所もクーラーをつけ始めました。

といっても、まだまだ僕自身は大丈夫なんで、相談者がいる時間に限ってです。
うちの事務所は、事務所と休憩スペースがあるのですが、この出入りする場所は、相談者がいるときはロールスクリーンで区切っています。

で、エアコンは休憩スペースにあります。
相談者がいなければ、ロールスクリーンは上げていますので、何の問題もないのですが、ロールスクリーンを下げると下30cmくらいしか空気の通り道ができません。

冬に相談者がいる時は、暖房器具が事務所スペースにあるのでそれをつければ区切られても問題ないのですが、夏場はロールスクリーンを下げるとあまりクーラーの冷気が思ったより来ません。

これは、まずいと思い、下の30cmの隙間から冷気を送るために小さな扇風機を買おうと思っていたんですが、かなり昔に、妹と1個ずつ買ってもらった卓上の扇風機がどこかにあることを思い出しました。

で、探して、今日事務所に持っていきました。
この扇風機、使えないのでしまいこんでいたのですが、これに関しては予想通り、けっこういい仕事してます。

posted by 向井謙彰 at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。