2007年06月14日

一番乗り

今日より1箇月間フリーペーパーのInoイーノ)に、当事務所のクーポンを出しました。

イーノというのは、瀬戸内海エリアのフリーペーパーなのですが、ホットペッパーと違い、飲食店や美容院だけでなくなんでも出せるんです。

きっかけは、整膚院を経営している友人が、イーノ掲載を考えていると話をしていて「多分、法務事務所でもいけるで」ということから始まりました。

そして、実際イーノをみてみると、調査会社が出しているではないですか!!
ということで、可能かどうか聞いてみたところ、前例がないですが、可能とのことでした。

前例がないということは、業界初です。おっおもしろい。経営者として惹かれないわけがありません。

とこんな感じで、出すことになりました。

業界初なので、これからイーノに掲載する士業はうちの真似です(変なところでライバル意識)。
イーノを出しているKG情報も、どんな結果がでるか注目しています。

さあ、どうなることやら。と思っていたら、いきなりイーノ見たよと知人の子からメールが。
さすがは女性。なんも言っていなかったのに、目ざとい。この手のフリーペーパーは女性の方が利用しているだろうけど早すぎ。

仕事とは全く関係ないけど、出だしはまあまあというとこです。

posted by 向井謙彰 at 12:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月12日

住民税大幅アップ

今日は、従業員から住民税の納付書が家に届いたと言われました。

給料天引きの特別徴収に切り替えていたはずですので、普通徴収では来ないはずでした。

早速、倉敷市の担当課に電話です。しかし、今回から住民税が大幅に上がったことに対する問い合わせが殺到しているらしく、15分くらい電話が通じず、かけ続けていました。住民税 増税

そして、やっと電話が通じました。で、ことの顛末を告げて、特徴に切り替えてもらいました。

相手の受話器の背後では、電話がなりまくり、応対している声が聞こえていました。
しばらくこの課は大変なんだろうとおもいます。

今回の住民税の大幅アップは、理論的には国に入る所得税を減らして、その分、地方に入る住民税をふやし、地方を活性化しようとするねらいですが、何も知らされていない年金生活者や自営業者などは、所得税が下がったとぬか喜びしていた所での、住民税の大幅アップです。

そりゃ、問い合わせも殺到して当たり前です。
てなことを感じた一日でした。

あ、そうそう、夕方だけですが、今日ついにクーラーつけました。うちの事務所は、西日が入って夕方とても暑くなるんですよ。

posted by 向井謙彰 at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月11日

包括的清算条項VS年金分割

包括的清算条項ってなんだかわかりますか?

のっけから質問です。


  ↓↓


包括的清算条項とは、離婚協議書に入れられている「甲乙は、本件離婚に際し、以上を持って円満に解決したことを確認し、上記各条項の他名義の如何を問わず金銭その他の請求を相互にしないことを確約した」なんて文の事です。

要するに、この書類に書いていることですべて解決し、後はなんも請求しませんよっていう文章のことです。

これを入れないと離婚協議書を作った意味がなくなります。

で、ここからが本論です。

もし、離婚協議書年金分割のことに触れずに、そのまま離婚してしまったとしたら、この包括的清算条項によって年金分割の請求はできなくなるのでしょうか?

これが今回の記事のタイトルです。年金分割

少し考えてみましょう。

      ・

      ・

答えは、まだはっきりと確定していないでした。

ただ、解釈としては、包括的清算条項があっても、年金分割の権利が優先し離婚後2年以内であれば、請求可能とのことです。

中国地方で一番大きい広島家庭裁判所に確認したら、「年金は老後の生活を支える公的な権利なので、包括的清算条項だけでもって、請求できなくなるとは解されない。」とのことでした。

ただ、この判断自体もまだ確定していないとのことでした。

ほんと、この年金分割制度はどこも困惑しているみたいですね。

ということなので、年金を絶対分けたくないというのであれば、分割割合を10:0にするのに合意したと、公正証書にしておきましょう。

また、その逆で、離婚協議書で年金分割のことに触れていなくて包括的清算条項があっても、裁判所で審判を申し立てれば、年金分割してもらえる可能性が十分ありますので、あきらめずに申立をしましょう。

posted by 向井謙彰 at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月07日

ミクシィに対する不満

みなさんミクシィしてますか?

僕はしています。仕事に私事に使っています。

正直最初はめんどくさいとか思っていたのですが、これがきちんと使いこなせるようになると面白い。

例えば、いろんな法律のコミュニティでの離婚関連の質問があればそれに回答して、自分のサイトのURLを貼っておけばサイトにやってきてくれます。これが仕事での使い方のひとつです。

私事では、日記を読むのも面白いし、情報を得るのもいいですし、検索をかけていろんな知人を探すのも面白いし、この前は、小学校の同級生からミクシィを通じてアプローチがありました。

そんな、いろいろ活用できるミクシィですが、2点不満があります。

1.重くて遅い。
2.戻るボタンで戻ろうとした時の、ページの有効期限切れとでるのが早すぎ

この2点でよくイライラします。「やるきあるんかー!!」って感じです。

でも、とても使えるんで許します。

あと、ミクシィしている人へ。
マイミクアプローチ歓迎です。マナーが悪かったり、印象が悪くない限りは承認しますので、マイミクアプローチかけてきてくださいね。
ミクシィ名は「ムキャ」です。

posted by 向井謙彰 at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月04日

妹の誕生日

今日は、妹の誕生日でした。

今年は、丁度アジアな季節児島店の店休日に当たっていたので、誕生日プレゼントとしてアジアな季節児島店に招待しました。

経営者特権です。といっても、ちゃんと原価分は支払っています。

基本的には、僕が一人で料理とドリンクを作りました。

18時から仕込みをして、19時過ぎから開始です。23時くらいまでやっていました。

みんなおなかいっぱいになりました。心もいっぱいになってくれているとうれしいかな…

posted by 向井謙彰 at 10:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月31日

婚氏続称の罠

婚氏続称とは、離婚の際に「婚姻の際に称していた氏を称する届け」を出し
て、結婚していた時の名字をそのまま名乗ることをいいます。

子供の名字が変わるのがイヤという人や、職場で結婚時の名前が通っていて
いまさら変わると不便だという場合等に、この婚氏続称をする人がいます。

しかし、この婚氏続称には大きな罠があります。

ちょっと具体例をだして、説明します。

田中さん(女性)が鈴木さんと結婚して、鈴木さんになります。

ですが、残念ながら離婚をしてしまいます。その際、職場で地位を持っていた
彼女は、いまさら名字が変わるのも不便なので、婚氏続称をして、離婚後も
そのまま鈴木と名乗ることにしました。

その後、佐藤さんという素敵な人があらわれ、結婚し佐藤さんになります。

しかし、またまた離婚してしまいます。

結婚に疲れた彼女は、安らぎを求めて、一番最初の名字(田中)を名乗るこ
とにしました。

ですが、役所で無理と言われ戻ることができませんでした。

そうなんです、もともとの名字(田中)を名乗れそうですが、そうではなく
その時の名字か、一つ前の名字にしか戻ることはできないのです。

ですので、上記例でいいますと、鈴木か佐藤でいることはできますが、2つ
前である田中を名乗ることはできないということになります。

実は、これ、意外に知られていないんですよ。

ということで、婚氏続称するときは、3箇月時間がありますので、そういった
ことも含めてよく考えてしましょうね。

posted by 向井謙彰 at 11:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月27日

イチゴ

今、向井家では、イチゴの収穫が最盛期をむかえています。苺

正直、5個に1個くらいしか甘いのはありませんが、獲りたてほやほやなのでとても瑞々しくて僕は好きです。

今年からは、甘い品種も植え始めました。

うちの家は、結構畑を持っていますので、いろんなものを作っています。子供の頃は、よく畑を手伝ってというか、マイ畑をもらっていろいろ作っていました。

基本的な野菜は、ほとんど栽培したと思います。まあ、所詮子供の素人仕事なので、たいしたものはできませんでしたが、大きくなっていく様を見るのはとても楽しかったのを覚えています。

両親も歳をとっているので、そろそろ畑に再デビューしてたまには手伝わなればいけなさそうです。

これは僕の考えなんですが、一流の料理人でも、畑仕事をしたことないような人はたくさんいると思いますが、はたしてそんな人は一流といえるのでしょうか。

posted by 向井謙彰 at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。