2006年12月25日

事務所の物件を探して

昨日、新しく事務所を出そうと計画している香川県の宇多津に行ってきました。
とりあえずは、丸亀でレンタサイクルして讃岐うどんを食べ、いざ宇多津へ。

自転車で直接どんな建物があるかうろうろしていました。

物件の写真を撮ったりしてうろうろしていましたが、不動産屋がまったくない。宇多津駅前
やっと見つけた大東建託の事務所でいろいろ話を聞かせてもらいました。

取り合えず、スムーズにいいのが発見できるということはないということがわかり、小さいですが大きな一歩を踏み出せました。あと、図書館の位置とか現地の感覚が分かったのもよかったです。

そのあと、買い物をしました。クリスマスイブということもあり、街はカップルであふれていましたが、カップルを見ていると優越感にひたれました。なにせ、夢のための大きな一歩を具体的に踏み出した訳ですから。

「人と同じことをしていると成功をつかめない」これを効率的に実践できた一日でした。

posted by 向井謙彰 at 13:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月21日

Riaの離婚メルマガ

私はライアの四国支部としてやっていますが、同時にライアのメルマガも担当しています。
タイトルは「満足度95.7%!必見!弁護士いらずの簡単離婚ノウハウ」。
もちろん私だけでなく、他のみんなも記事を書いてくれています。

内容としては、養育費や財産分与や年金分割等の基本のことはもちろん、交渉に役立つ心理テクニック、実際の経験に基づいたノウハウ等、離婚をしたい人、又は離婚を回避したい人は必見の内容となっています。

http://www.mag2.com/m/0000214943.html

離婚交渉のコツとしては知識を付けることです。
ですので、もし、興味を持った方が入れば無料ですので、物は試しで登録してみてください。

posted by 向井謙彰 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月16日

大掃除

本日は、電話とメール相談のみ対応して、大掃除をしました。

大掃除は家の半分近くを私がやっているので、丸一日がかりです。
でも、年末の大きなイベントのひとつが終わり一安心です。
明日からまた仕事に集中できます手(チョキ)

ところで、毎年のことなのですが、大掃除中に懐かしい物とか出てきて、それに見入ってしまい、大量に時間をロスしてしまいました。
でも、こういう時間のロスはとても心地いいですねわーい(嬉しい顔)

あと、ついでに、1年分の書類の整理とかもしました。
もう、済んでいる案件とかまだ継続中の案件など多少混ざっているのをきちんと分類しました。

整理整頓出来ない人は、この仕事にはつくづく向いていないと思いました。
posted by 向井謙彰 at 22:31 | Comment(2) | 日記

2006年12月12日

ライアの四国支部

今日で、神戸のライア本部から岡山に戻ってきて1週間になります。
結構バタバタしていましたが、今日である程度落ち着きました。

ところで、本日よりライアの四国支部としての看板をあげました。
できたら春先くらいには、香川県に事務所を移転オープンさせようと思っています。

もちろん、四国に事務所を移転しても、従来どおり岡山県倉敷市での対応もいたします。なにせ、家は倉敷市児島ですから。

オープンさせる前でも、当事務所は四国の本州側の玄関口の倉敷市児島にありますので、四国の方のアプローチは抜群です。

面談はJR児島駅から徒歩5分の場所に、私が出資している店がありますので、そこで行うことができます。

ですので、ライアの四国支部としての向井法務事務所を今後ともよろしくお願いいたします。


posted by 向井謙彰 at 20:01 | Comment(0) | 日記

2006年11月29日

裁判の傍聴してきた

今日の、午前中に、宮本先生と一緒に裁判の傍聴に行ってきました。
窃盗の刑事事件でしたが、実際のやり取りを見れました。
不謹慎な表現かもしれませんが、結構面白かったです。
今度は、離婚裁判をぜひ傍聴してみたいところですが、できなくなっちゃったんですよ。
でも、これからも裁判の傍聴には行こうと思います。

posted by 向井謙彰 at 14:20 | Comment(0) | 日記

2006年11月25日

日本3大夜景制覇

本日は、15時くらいからお休みをいただいて、麻耶山に登ってきました。

バイクで登山口まで行き、そこから登山開始です。
最初は川沿いを登って行きます。ところどころ紅葉がきれいでした。
神戸にいると、この山の景色がたまらなく心地いいです。

川を離れると本格的な登りになります。といっても、登山上級者の私にはなんてことはありませんが…

なんて感じでたんたんと登って掬星台に着きました。だいたい1時間ちょっとで登れました。
しかし、まだ夜景どころか明るい。ということで、IMGP0835.JPG明るいうちの景色をみて、暗くなるまでしばし夫婦修復カウンセリング関係の本を読んでいました。

そして、あたりが暗くなってきたので、いよいよ日本3大夜景のひとつ神戸の夜景とご対面です。
これで、日本3大夜景全制覇達成です。

さすがにめちゃきれいである。
しかし、世界3大夜景になっている函館の夜景と比べたらかなり落ちるなという感想です。とはいえ、長崎よりはきれいでした。

それにしても、日本や世界の3大夜景のことを話している人が多い割には、以外にみんな知らないんだと思いました。

日本は、神戸、長崎、函館。
世界は、函館、香港、ナポリ(リオデジャネイロという説も)である。

夜景を鑑賞し終わったら、ヘッドランプ片手に下山である。06-11-25_20-15.jpg
真っ暗な山道をしばらく下山していましたが、分岐がいくつかあり途中で分からなくなったので、結局引き返して、ロープウェイで下山しました。

下山した後は、モザイクなどベイエリアにに行きました。
あそこの観覧車のイルミネーションはいったい何パターンあるんだろうかと感心するくらい変化があり、きれいでした。

そんな感じで、今回の半休は充実で過ごせました。


posted by 向井謙彰 at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月22日

いい夫婦の日

今日は、11月22日、語呂あわせで「いい夫婦の日」です。

このいい夫婦の日に思うことを書きます。それは、男性も自炊能力を身に着けないといけないということです。

これを読んでいる男性にいきなり質問です。あなたは、料理を作ることができますか?

おそらく3分の1以上の方は、できないと心の中で思ったはずです。お湯を沸かしてカップラーメンを作ることができると言ったあなた!!それは料理とはいいません。

やはり、包丁を使って食材を切ったりして加工していわゆる調理できて初めて料理ができると言ってください。それも1種類や2種類じゃなく何種類もレパートリーを持っていてです。

古いと言われるかもしれませんが、半分以上の家庭では妻が食事を作り夫が働きに出ています。ですので、夫は妻が料理を作ってくれるのがあたりまえと思っていて、自分で料理をするということを知らない人も多いはず。

料理をできないと言う既婚者は、今からでも自炊能力を少しずつでいいから磨いていきましょう。まずは、包丁を握るということから始めて、りんごの皮むきでも始めてください。そして、徐々に徐々に上手になっていってください。

なぜなら、もし、妻と死別したり離婚したら、その日からあなたの食事を作るのはあなた自身ですから。いきなり料理を始めても、そんなにすぐにすぐにはうまくならないでしょう。

なので、そうなる前に、また、いつどこで役に立つか分かりませんので、自炊能力を身につけておきましょう。

今、この記事を書いている私も、神戸で自炊をしています。タッパーに野菜を刻んで仕込んだり、毎回調理をしています。

基本の食材にはどんな栄養があるかも多少は分かっていますので、それなりに栄養を考えて食事を作っています。

もちろん、たまには外でも食べますが、安くつけれてかつ栄養バランスがいいのはやっぱり自炊です。ほんとに自炊能力を持っていてよかったとつくづく思います。確かにめんどくさいですが、作る楽しみもあります。

私は、自炊能力は離婚回避にも役に立つのではと考えています。ilm08_cf08016-s.jpg

なぜなら、今できない人は、妻にちょっと料理を教えてもらったりする新たなコミュニケーションを取れ、それをきっかけに少しでいいので家事を手伝ってあげれば、熟年離婚に至る理由のひとつ「夫の世話を一生するのがうんざり」という理由での離婚は確実に可能性が減るはずです。

また、妻が寝込んだりしたとき料理を作ってあげたりすれば、喜ぶはずです。こういうさりげない気遣いをし合える夫婦なら離婚には至らないはずです。

ですので、離婚は関係ないとしても料理を作れるようにしておくことは「100利あって1害もなし」と言っても過言はないはずです。

posted by 向井謙彰 at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。